ホーム 
 
 
(ルートフォルダ) > 販売製品・サービス よくある質問(FAQ) > 販売終了製品・サービス > 【Office 8】よくある質問と答え(FAQ)
【Office 8】よくある質問と答え(FAQ) メモを隠す
「Office 8」FAQ オンライン版  2009年2月 作成
リンクリストを表示する
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード番号 120
登録日時 2009/1/31 15:28
更新日時 2014/9/30 11:02

質問 「エラー番号:401 データファイルを開けません」が表示されます。
回答 【要因】

 ・ すべてのユーザーで発生する場合
    →「data」「file」以下のアクセス権の設定に問題がある

 ・ 特定ユーザーで発生する場合
    →該当ユーザーの個人データファイルのアクセス権の設定に問題がある

 ・「Office 8」のデータファイルが破損している

【対処】

 ・「data」「file」以下のアクセス権の設定に問題がある場合

   1. アクセス権を確認する

   「data」「file」以下のすべてのサブディレクトリ・ファイルに
    対してアクセス権を設定します。

   (インストールディレクトリ)/cb5/data/
   (インストールディレクトリ)/cb5/file/

       「Office 8」をインストールしたサーバー OS 側で次の設定が
      有効になっているか、ご確認ください。

      < WindowsXP Professional の場合>
      
       1) ファイルエクスプローラを表示する
       2)「ツール」→「フォルダオプション」を選択する
       3) [表示]タブを選択する
       4)「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」のチェックを外し、
         [OK]ボタンをクリックする

       < Windows Server 2003 の場合 >

       1)インストールフォルダのプロパティで“Web 共有する”設定を
         有効にする
          →[プロパティの編集]ボタンで、「実行」を選択する

         ▼ 参考 URL:「データファイルを開けませんでした」と表示される場合
         http://cybozu.co.jp/products/tech/access/

         ▼ 参考 FAQ:アクセスすると「ページが見つかりません」と
                   表示されます。(WindowsXP Professional 側の設定が原因)
          db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=3

         ▼ 参考 FAQ:アクセスできません (IIS 6.0 側の設定が原因)
         db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=4

   2. マイコンピュータもしくはエクスプローラから、インストールフォルダを開く

     ※ 標準インストールの場合、C:\InetPub\Scripts\cbag を開く

  3. cb5 フォルダを右クリックし、プロパティを開く
  4.「セキュリティタブ」を開き、[追加]をクリックする

      ※ Windows Vista 以降の OS の場合は、「セキュリティタブ」を
         開き、[編集] をクリックすると、[追加] が表示されます

  5. 選択するオブジェクト名の欄に Everyone と入力する
  6. [OK]をクリックする
  7. グループ名またはユーザー名欄から Everyone をクリックする
  8. フルコントロールにチェックを入れる
  9. 画面右下の[詳細設定]をクリックする
 
      →「アクセス許可」のタブが開かれていることを確認してください

         ※ Windows Vista 以降の OS の場合は、[アクセス許可の変更] を
            クリックいただく必要があります

  10. 一番下の「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを〜」に
     チェックを入れる

      ※ Windows Vista 以降の OS の場合は、「すべての子孫の既存の
         継承可能なアクセス許可すべてを〜」と表示されます
 
  11. [OK]をクリックする
  12. 確認画面が表示されたら、[はい]をクリックする
  13. [OK]を押して、画面を閉じる
  14. 設定の変更後、サーバーマシンを再起動し、「エラー番号:401
      データファイルを開けません」のエラーが出ないことを確認する


 ・ 該当ユーザーの個人データファイルのアクセス権の設定に問題がある場合

   1. 該当ユーザーの個人データファイルを探す

      1)「ユーザー名簿」画面にて、該当ユーザーの名前のクリックする
      2)表示されたユーザー名簿の「ユーザーID」の番号を確認する

  2.「Office 8」をインストールしたサーバー OS 側で以下の設定が
    有効になっているか、確認してください

   < WindowsXP Professional の場合 >
      
   1)ファイルエクスプローラを表示する
   2)「ツール」→「フォルダオプション」を選択する
   3) [表示]タブを選択する
   4)「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」のチェックを外し、
     [OK]ボタンをクリックする

   < Windows2003 Server の場合 >

   1)インストールフォルダのプロパティで“Web 共有する”設定を有効にする
       → [プロパティの編集] ボタンで、「実行」を選択する

      ▼ 参考 URL:「データファイルを開けませんでした」と表示される場合
      http://cybozu.co.jp/products/tech/access/

      ▼ 参考 FAQ:アクセスすると「ページが見つかりません」と表示されます。
               (WindowsXP Professional 側の設定が原因)
      db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=3

      ▼ 参考 FAQ:アクセスできません (IIS 6.0 側の設定が原因)
      db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=4

   3. データファイルの属性を確認する

      1)問題のユーザーの個人データファイルを右クリックして、
     「プロパティ」を選択する
      2)「全般」タブの属性が「読みとり専用」になっている場合、チェックを外す

   4. アクセス権を設定する

    <UserID>.odb ファイルのアクセス権を設定します。

      ● 対象ディレクトリ

         [インストールディレクトリ]/cb5/data/personal/ユーザー ID.odb

      ● 設定方法

        1)「<UserID>.odb」ファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択する
        2)「セキュリティタブ」をクリックし、「アクセス権」を開く
        3)「Everyone」「フルコントロール」と設定されているか確認する
        4) 設定されていない場合は、「Everyone」「フルコントロール」に設定する

        ※ アクセス権の設定の変更は、セキュリティーの低下を招く場合があります。
       詳しくは御社のシステム管理者にご相談ください。

   5. 設定の変更後、サーバーマシンを再起動し、「エラー番号:401
     データファイルを開けません」のエラーが出ないことを確認する
参考URL
製品カテゴリ Office 8 基本セット
場所別カテゴリ Office 8 のエラー

フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ

  システム設定