デヂエ
 
ホーム 
 
 
(ルートフォルダ) > 販売製品・サービス よくある質問(FAQ) > 販売終了製品・サービス > 【メールワイズ 4】よくある質問と答え(FAQ)
【メールワイズ 4】よくある質問と答え(FAQ) メモを隠す
「メールワイズ バージョン4.x」のよくある質問です。

作成:2009年7月
サイボウズ株式会社
リンクリストを表示する 先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード番号 178

アプリケーション 共通 カテゴリ トラブル
質問 「エラー番号:401 データファイルを開けません」が表示されます。(SELinux 環境の場合)
回答 【原因】

  ・すべてのユーザーで発生する場合:
    インストールディレクトリ以下のアクセス権の設定に問題がある

  ・アクセス権の設定が正常に行われている場合:
    SELinux のセキュリティ管理モジュールの影響により発生している問題


【対処】

  ・すべてのユーザーで発生する場合:

  インストールディレクトリ以下のすべてのサブディレクトリ・ファイルに
  対してアクセス権を設定する

    例)/usr/local/apache2/cgi-bin/cbmw

    ※ 上記ディレクトリだけでなく、ディレクトリ以下の“全ての”
       ファイル・ディレクトリについてもあわせて確認してください。

    ○ コマンド操作によるアクセス権の設定変更例:
       # cd /usr/local/apache2/cgi-bin
       # chmod -R 777 cbmw を実行する

    ※ アクセス権の設定の変更は、セキュリティーの低下を招く場合が
       ございます。詳しくは御社のシステム管理者にご相談ください。
       Linux のコマンドについては、参考書などをご覧ください。

    <必要なアクセス権>
    ・permission : Apache の実行ユーザに対し、読み・書き可能
                   mw.cgi に対して      7xx [ -rwx〜 ]
                 ディレクトリに対して 7xx [ drwx〜 ]
                 ファイルに対して     6xx [ -rw-〜 ]

      ※ 御社のセキュリティポリシーにあわせ、755 / 705 や
         644 / 604 等に設定してください
      ※ Apache の実行ユーザは httpd.conf をご確認ください
      ※ CGIWrap を利用している場合は、ディレクトリの所有者を
         指定いただく必要がございます

 ・アクセス権の設定が正常に行われている場合:

  SELinux のセキュリティ管理モジュールを停止する

  SELinux のセキュリティ管理モジュールの詳細は、
  ディストリビューション等のページをご覧ください。

  <参考>

 □ SELinux を無効にする方法

  1. コンソールでサーバーマシンにログインする
  2. su - コマンドでスーパーユーザーに変更する
  3. 設定ファイルを vi 等で開く
 
  例) vi で開く場合
      $ vi /etc/selinux/config(※)

  (※)ディストリビューションの違いで、設定ファイルが格納されている
     パスが異なる場合があります。ご注意ください。

  4. SELINUX=disabled と書き換える

     例)
     # This file controls the state of SELinux on the system.
     #SELINUX= can take one of these three values:
     #       enforcing - SELinux security policy is enforced.
     #       permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
     #       disabled - SELinux is fully disabled.
     #SELINUX=enforcing
      SELINUX=disabled
     # SELINUXTYPE= type of policy in use. Possible values are:
     #       targeted - Only targeted network daemons are protected.
     #       strict - Full SELinux protection.
      SELINUXTYPE=targeted

  5. 上書き保存する
  6. サーバーマシンを再起動する
 
参考URL
キーワード

先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ

  システム設定