ホーム 
 
 
(ルートフォルダ) > 販売製品・サービス よくある質問(FAQ) > 販売終了製品・サービス > 【Office 8】よくある質問と答え(FAQ)
【Office 8】よくある質問と答え(FAQ) メモを隠す
「Office 8」FAQ オンライン版  2009年2月 作成
リンクリストを表示する
絞り込みレコード数:50   絞込    レコード一覧ビュー   
 
先頭へ | << 前の20件へ | 次の20件へ >>
  質問 回答 場所別カテゴリ
[閲覧] 
エラー番号:404 が発生します。 【現象】

「Office 8」にて "エラー番号:404" が発生します。

 <<詳細なエラーメッセージ>>
 --------------------------------------------------------------
 エラー番号:404
 エラーメッセージ:
 前回終了処理が正常に行われませんでした。データベースファイルを
 修復する必要があります。
 データベースファイルの修復を[開始する]
 --------------------------------------------------------------

【要因】

 前回、「Office 8」のデータベースにアクセスされた時に、
 何らかの要因で終了処理が正常に行われていないために発生します。

【対処】
 
 [開始する]をクリックしてください。

 ※ [開始する]をクリックすると、自動的にミラーリングファイルからの
    復旧が行われます。
トラブル
[閲覧] 
連携認証が正常に行えません。 【現象】

連携認証が正常に行えません。

【要因】

  1.「Office 8」と連携認証を行う製品で設定している各ユーザーの
     ログイン名が一致していない
  2. FQDN を含む URL でアクセスしていない
  3. 連携認証に対応していない製品である
  4.「Office 8」と連携認証を行う製品で設定している「認証パスワード」が
     一致していない

【対処】

  1.「Office 8」と連携認証を行う製品の各ユーザーのログイン名が
     一致しているかご確認ください

     ※ 連携認証を利用する製品間では、ユーザーのログイン名は
        同一のものを使用する必要があります。

     ※「Office 8」に登録している各ユーザーのログイン名は
        次の手順で確認できます。

        1.「Office 8」にログインする
        2. [システム設定(詳細)] > [ユーザー] をクリックする
        3.「CSVファイルへの書き出す」をクリックする
        4. 項目の候補にて「名前」、「ログイン名」を選択し [←追加] を
           クリックする
        5. [次に、書き出す内容を確認する >>] をクリックする
        6. [書き出す] をクリックする
        

  2. FQDN を含む URL でアクセスしてください

     ※ 弊社では、「Office 8」と連携認証を行う製品をインストールしている
        サーバーマシンが FQDN で名前解決できる環境で連携認証の動作確認を
        行っております。


  3. 連携認証に対応している製品かご確認ください

      <サイボウズ共通認証対応製品>
 
      ・サイボウズ Office 6.1(1.0)以上
      ・サイボウズ ガルーン 1.5(2.1)以上
      ・サイボウズ デヂエ 5.0(0.1)以上
      ・サイボウズ メールワイズ 2.0(0.1)以上
      ・サイボウズ ガルーン 2.0.0以上
      ・サイボウズブログ 1.0.0以上
      ・サイボウズ ドットセールス
  
      <オープン統合認証 ver.2 対応製品>
 
      ・サイボウズ Office 8
      ・サイボウズ デヂエ 8.0.0以上
      ・サイボウズ メールワイズ 4.0.0以上
      ・サイボウズ ガルーン 2.5.3以上
      ・サイボウズ ドットセールス 1.1.2以上


  4.「Office 8」と連携認証を行う製品で設定している「認証パスワード」が
     一致しているかご確認ください

     ※「Office 8」で設定している「認証パスワード」は
        次の手順で確認できます。

        1.「Office 8」にログインする
        2. [システム設定(詳細)] > [連携認証] をクリックする
        3. 連携認証を行う製品で設定している「認証パスワード」と
           一致しているか確認する

     ※ 次のマニュアルページでも、連携認証の設定手順を案内しています。
        あわせてご覧ください。

        ▼ 連携認証を設定する
        http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/management/commonauth.html
トラブル
[閲覧] 
ユーザーがログイン時に『エラー番号:401/402/501/10101』が発生する
社内メール送信時に『エラー番号:401/402』が発生する
(サーバーマシンが Windows 2008/Windows Vista/Windows 7 の場合)
【現象】

 ・ 新規インストール直後、「社内メール」送信時に『エラー:402』が発生し、
    その後、『エラー:401』が発生し「社内メール」が送信できなくなる場合がある

 ・ ユーザー作成直後、該当ユーザーが初めてログインする際に
   『エラー:402』が発生し、その後、該当ユーザーがログインする際に
   『エラー:501』が発生し、ログインできなくなる場合がある

 ・ ログインする際に、ユーザー名とパスワードが正しいにも関わらず
   『エラー:10101』が発生し、その後、何度かログインを繰り返すと
    正常にログインできる


【要因】

 サーバーマシンに Windows 2008/Windows Vista/Windows 7 を利用している場合、
 デフォルトで搭載されている「Windows Search」という機能が影響して発生している


【対処】

 今後新たに現象が発生しないための対処策として、「Windows Search」を停止
 もしくは、「Office 8」のインストールディレクトリを除外設定にしてください

 ※「Windows Search」設定については、次の Microsoft 株式会社の
    ページをご確認ください。
    詳細な設定方法については、Microsoft 株式会社へお問い合わせください。

    ▼ インデックスを使用して Windows 検索を効率化する:よく寄せられる質問
    http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Improve-Windows-searches-using-the-index-frequently-asked-questions

 <「Office 8」インストールディレクトリの確認手順 >

    1)「システム設定(詳細)」 > 「運用管理」の
       「サイボウズ(R) Office の実行環境の診断」を選択する
    2) "パラメータ:Dir"を確認する

       表示例)C:\Inetpub\scripts\cbag\
               /var/www/cgi-bin/cbag/


【回避】

 既に現象が発生している場合は、【対処】を行ってから以下の回避策を
 ご検討ください。

 ・ 新規インストール直後、「社内メール」送信時に『エラー:402』が発生し、
    その後、『エラー:401』が発生し「社内メール」が送信できなくなる現象が
    発生している場合

    ⇒「Office 8」をアンインストールし、データ削除後、再インストールを
    行ってください。

    ▼Windows 環境でのアンインストール
    http://manual.cybozu.co.jp/office8/install/uninstall_win.html
    ▼Windows 環境でのインストール
    http://manual.cybozu.co.jp/office8/install/install_win.html

    ▼Linux 環境でのアンインストール
    http://manual.cybozu.co.jp/office8/install/uninstall_unix.html
    ▼Linux 環境でのインストール
    http://manual.cybozu.co.jp/office8/install/install_unix.html


 ・ ユーザー作成直後、該当ユーザーが初めてログインする際に
   『エラー:402』が発生し、その後、該当ユーザーがログインする際に
   『エラー:501』が発生し、ログインできなくなる場合がある

    ⇒ 該当ユーザーを削除し、再度ユーザーを作成する


 ・ ログインする際に、ユーザー名とパスワードが正しいにも関わらず
   『エラー:10101』が発生し、その後、何度かログインを繰り返すと
    正常にログインできる

    ⇒ そのままご利用いただいて問題ありません
トラブル
[閲覧] 
「Office リマインダー」で「Office 8」へ接続することができません。 【現象】

「Office リマインダー」で「Office 8」へ接続する際に、Windows や
セキュリティソフトでファイアウォールが有効になっていると、正常に
接続できない場合があります。


【要因】

ファイアウォールの設定により、「リマインダー」と「Office 8」間の通信が
制限されていることにより接続できない現象が発生する場合があります。


【対処】

○ 接続ができない場合

Windows やセキュリティソフトのファイアウォールの設定で、「リマインダー」
を許可することで、接続可能となるか確認してください。

 < Windows の場合 >

 1)[スタート] > [コントロールパネル] > [Windows ファイアウォール]を開く
 2)Windows ファイアウォールの設定は有効のままにし、[例外]タブを開く
 3)[プログラムの追加]をクリックする
 4)プログラム一覧から、「サイボウズ リマインダー」を選択する
 5)[OK]をクリックする

 ※ セキュリティソフトで、ファイアウォールの設定が有効な場合は
   セキュリティソフトでもネットワークに接続するプログラムとして、
  「リマインダー」を登録してください。
 
 ※ セキュリティソフトの設定については、製造元へご確認ください。


○「Windows セキュリティの重要な警告」が表示される場合

 [ブロックを解除する] ボタンをクリックすることで、Windows ファイアウォールの
例外設定に「リマンダー」が追加され、接続できるようになるか確認してください。
アクセスできない
[閲覧] 
「Office 8」へのログイン時に Internal Server Error が発生します。 【要因】

 ・「Office 8」のデータファイルのアクセス権が正しくない
 ・ メールサーバー/「Office 8」上にスパムメール等、不正なメールや
   容量の大きいメールを受信し通信がタイムアウトしている
 ・ データファイルが壊れている

【対処】

 ・「Office 8」のインストールディレクトリ配下のアクセス権をご確認ください

   ○対象ディレクトリ

     [インストールディレクトリ]/cb5/data
     [インストールディレクトリ]/cb5/file

     ※ 上記ディレクトリ以下の“すべてのファイル、ディレクトリ”に
        ついて、ご確認ください

   ○アクセス権の設定

     < サーバ OS が Windows の場合 >

        アクセス権 : Everyone / フルコントロール

     < サーバ OS が Linux の場合 >

        owner : Apache の実行ユーザ
        permission : Apache の実行ユーザに対し、読み・書き可能
                     →ディレクトリに対して 755 [rwxr-xr-x]
                       ファイルに対して 644 [rw-r--r--]

 ・「Office 8」へのログイン時に、新着メールチェックを行われている場合、
    こちらの設定を解除し、現象が改善するかご確認ください

   1. 管理者権限のあるユーザーで「Office 8」にログインする
   2. [システム設定 > メール > メールの使用停止と新着メールチェック」
      を選択する
   3.「ログイン時に新着メールチェックを行う」のチェックを外す
   4. [変更する] をクリックする
   5. ログインできるか確認する

 ・ [インストールディレクトリ]/cb5/file/Personal/<UserID> ディレクトリ
    を開きデータ量の大きいファイルを退避して現象が回避するかお試しください
 
   1.「Office 8」のインストールディレクトリを確認する

      1) 管理者権限のあるユーザーで「Office 8」にログインする
      2)[システム設定 > 「サイボウズ(R) Offfice の実行環境の診断]を選択する
     3) "パラメータ:Dir"を確認する

   2. 現象が発生しているユーザーのユーザー ID を確認する
 
      1)「ユーザー名簿」を表示する
      2)該当のユーザーの名前をクリックする
      3)「ユーザーID」の項目に表示されている番号を確認する

   3. [インストールディレクトリ]/cb5/file/Personal/<UserID>ディレクトリ
      を表示する

      ※ UserID は、手順 2. で確認したユーザー ID です。

   4. データ量の大きいファイルを、デスクトップや他のフォルダへ移動する

   5. ログインできるか確認する
アクセスできない
[閲覧] 
何度も「Office 8」にログインさせられます。(アクセス URL の問題) 【要因】

「Office 8」のアクセス URL で「ホスト名にアンダーバーを使用」されている

【対処】

「Office 8」のアクセス URL で「ホスト名にアンダーバーを使用」されて
いないかご確認ください。
 
  例)・「ホスト名」にアンダーバー(「 _ 」)を適用している
           http://cybozu_office/scripts/cbag/ag.exe?
                        ↑ アンダーバーが入っている

        ・「Office 8」のアクセス URL に誤りがある
         http://cybozuoffice//scripts/cbag/ag.exe?
                              ↑ スラッシュが 2 つ入っている
      
    ※ 「Office 8」のアクセス URL で「ホスト名にアンダーバーを使用」
        されている場合、アクセス URL に指定している「ホスト名」を、
       「サーバーマシンに割り振られた IP アドレス」に変更すると現象
        が回避できる可能性があります。

       < IP アドレス確認方法 >

         1. スタートボタン > プログラム > アクセサリ > コマンドプロンプト
              を開く
         2. "ipconfig"<Enter> とタイピングすると、お使いの OS に
           割り当てられている IP アドレスが表示される

 【!】
  一般的に、ホスト名にアンダーバーを使用することは、許可されて
  いないようです。この件については、RFC952 で定義されています。
  次のページをご覧ください。

    ▼「The Internet Engineering Task Force」- RFC Pages
      ※ 英語のページとなります。
     http://www.ietf.org/rfc.html
   (「RFC number:」に「952」と入力してください。)
      
  Windows OS 搭載のサーバーマシンをご利用の場合、RFC で有効と
  されていない「アンダーバー」なども、「ホスト名」として、
  コンピューター名に適用することは可能のようです。

  但し、Microsoft 株式会社のページでも、RFC で規定されている
  文字列のみを「ホスト名」として設定することが有効である、と
  案内されているようです。
  詳しくは、次のページをご覧ください。

    ▼ Microsoft 株式会社 サポート技術情報:有効な TCP/IP のホスト名について
    http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;JP409213

    最良の解決法としては、ホスト名には、上記のページで案内されているもの
    のみ、使用することと思われます。
    しかし、この解決法が難しい場合、とりあえずの対処として、
    「IP アドレスでアクセス」で運用をご検討ください。

【参考】

 何度も「Office 8」にログインさせられる他の要因については、
 次の FAQ にて案内いたしております。

   ▼ FAQ:何度も「Office 8」にログインさせられます。(Cookie の設定)
   http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=133

   ▼ FAQ:何度も「Office 8」にログインさせられます。(IIS 7 の問題)
   http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=16
アクセス後、正常に使えない
[閲覧] 
「エラー番号:401 データファイルを開けません」が表示されます。(Linux 版) 【要因】

 ・「data」「file」以下のアクセス権の設定に問題がある
  (すべてのユーザーで発生する場合)
 ・ データファイルが壊れている


【対処】

 ・「data」「file」以下のアクセス権の設定に問題がある場合

    下記ディレクトリ、ディレクトリ以下の“全ての”
    ファイル、ディレクトリのアクセス権をご確認ください。

  (インストールディレクトリ)/cb5/data
   (インストールディレクトリ)/cb5/file

   例) /usr/local/www/cgi-bin/cbag/cb5/data

    permission : Apache の実行ユーザに対し、読み・書き可能
                 ag.cgi に対して      7xx [ -rwx〜 ]
                ディレクトリに対して 7xx [ drwx〜 ]
               ファイルに対して     6xx [ -rw-〜 ]

    ※ 御社のセキュリティポリシーにあわせ、755 / 705 や
       644 / 604 等に設定してください

    ※ Apache の実行ユーザは httpd.conf をご確認ください

 ・ データファイルが壊れている場合

    アクセス権が正常に設定されているにも関わらず、エラー 401 が改善しない
    場合は、データファイルに 破損/不整合 が発生している可能性が考えられます。

    一度破損してしまったデータファイルは、弊社でも復旧できません。

    ※ バックアップファイルを使用し、復旧することは可能です


【参考】

 SELinux をご利用の場合は、こちらの FAQ をご覧ください。

   ▼「エラー番号:401 データファイルを開けません」が表示されます
    (SELinux 環境の場合)
   db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=149
その他のエラー
[閲覧] 
何度も「Office 8」にログインさせられます。(IIS 7 の問題) 【現象】

Windows Vista の IIS 7.0 で、何度も「Office 8」にログインさせられる現
象が発生します。


【 要因 】

IIS 7 の不具合で発生します。

▼Microsoft 株式会社 サポート技術情報:IIS 7.0 で複数インスタンス
  応答ヘッダーを設定した CGI アプリケーションは、正常に機能しません。
http://support.microsoft.com/kb/932385


【 対処 】

Microsoft 株式会社のホームページにある IIS 7.0 の修正パッチを
適用することで回避します。

修正パッチの詳細については、Microsoft 株式会社様にお問合せください。


【参考】

何度も「Office 8」にログインさせられる他の要因については、
次の FAQ にて案内いたしております。

  ▼ FAQ:何度も「Office 8」にログインさせられます。(アクセスURLの問題)
  db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=132
  ▼ FAQ:何度も「Office 8」にログインさせられます。(Cookie の設定)
  db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=133
アクセス後、正常に使えない
[閲覧] 
アクセスできません。(特定のクライアントマシンのみ) 特定のクライアントマシンのみ、「Office 8」にアクセスすると、
次のエラーメッセージが表示され、アクセスできない。

 ・「ページを表示できません」
 ・「ページが見つかりません」

【 要因 】

 ・ アクセス URL に問題がある
 ・ ファイアウォール等のセキュリティソフトで HTTP 通信を遮断されている

【 対処 】

 ・ アクセス URL に問題ないか確認する

    ○ 他のユーザーがアクセスしている URL と相違がないかご確認ください

    ○「Office 8」へのアクセス URL にホスト名を利用している場合、
       サーバーマシンの IP アドレスに変更することでアクセスできるか
       ご確認ください

       ※ IP アドレスの詳細については、サーバーマシンの管理者などに
          ご確認ください

 ・ ファイアウォール等のセキュリティソフトで HTTP 通信を遮断されていないか確認する

    ○ サーバーマシンやクライアントマシンにウイルス対策ソフトなど
       セキュリティソフトが導入されている場合、停止することでアクセス
       できるかご確認ください

    ○ サーバーマシンに対して ping コマンドを実行し、TCP/IP 通信が可能かどうか
       ご確認ください

       例)サーバーのIP アドレスが、「10.0.0.1」の場合

           C:\>ping 10.0.0.1 と入力してください。
 
           以下にのような表示の場合、TCP/IP の通信に問題があります。

           Unknown host webserver.
           Request timed out.
アクセスできない
[閲覧] 
何度も「Office 8」にログインさせられます。(Cookieの設定) 【要因】

 現象が発生するクライアントマシンにおいて、何らかの原因により
 Web ブラウザーの Cookie が正常に処理されていない

【対処】

 現象が発生するマシンで、Cookie /キャッシュの初期化、
 Web ブラウザーの再設定を行ってください

 ※ Web ブラウザーの Cookie / キャッシュ の削除方法につきましては、
    次のページで案内しております。ご参照ください。

 ※ 次の作業により、すべての Cookie /キャッシュファイルが
    削除されます。予め、ご留意ください。

 ▼ Cookie やキャッシュ情報が残っている場合
 http://manual.cybozu.co.jp/tech/support/trouble/access_04.html#trouble01

【参考】

 何度も「Office 8」にログインさせられる他の要因については、
 次の FAQ にて案内いたしております

 ▼ FAQ:何度も「Office 8」にログインさせられます。(アクセス URL の問題)
 http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=132
 ▼ FAQ:何度も「Office 8」にログインさせられます。(IIS 7 の問題)
 http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=16
アクセス後、正常に使えない
[閲覧] 
アクセスできません。(IIS 6.0 側の設定が原因) 【 現象 】

「Office 8」にアクセスすると、次のエラーメッセージが表示される。

 「ページを表示できません」
 「ページが見つかりません」


【 要因 】

 ・“Web共有する”の設定が無効になっている
 ・ アクセス権の設定に問題がある
 ・ Web サーバーのサービスが起動していない
 ・ Microsoft IIS の設定に問題がある
 ・「動的な Webページの配信設定」が、無効になっている


【 対処 】

 ・“Web共有する”の設定が無効になっている場合

    - インストールフォルダのプロパティで“Web共有する”設定を有効にする

      1. インストールフォルダを右クリックしプロパティを表示する

         例) 標準インストールの場合
             → c:\inetpub\scripts

      2. Web 共有のタブを開く
      3. このフォルダを共有するにチェックする
      4. アプリケーションの許可の「実行」にチェックを入れる
      5. [OK]をクリックする

 ・ アクセス権の設定に問題がある場合

    ※ アクセス権の設定レベルは、自社のシステム管理者にご相談ください。

      1. インストールフォルダを右クリックしプロパティを表示する

         例) 標準インストールの場合
             → c:\inetpub\scripts
 
      2.「セキュリティ」タブを開き、[追加]をクリックする
      3. 選択するオブジェクト名の欄に 「Everyone」と入力し[OK]をクリックする
      4. グループ名またはユーザー名から Everyone を選択する
      5. フルコントロールにチェックを入れる
      6. 画面右下の[詳細設定]をクリックする
      7.「アクセス許可」のタブを開く
      8. 一番下の「子オブジェクト全てのアクセス許可エントリを〜」に
         チェックを入れる
      9. [OK]をクリックする

 ・ Web サーバーで使用しているサービスが起動していない場合

    - 次のサービスが開始になっているか確認してください。

      1. [管理ツール]から[サービス]を開く
      2. 以下のサービスが[開始]になっているか確認する

         IIS Admin Service
         World Wide Web Publishing Service

 ・ Microsoft IIS の設定に問題がある場合

    - インストールフォルダ以下のディレクトリセキュリティにて、
     「Windows 統合認証」のチェックを外し、「匿名アクセス」設定を有効にする
 
      1. スタートメニューから「管理ツール」を選択し、「インターネット
         インフォメーションサービス(IIS)マネージャ」を起動する
      2. 左側のツリーから「コンピュータ > Web サイト > 既定の Webサイト」を開く
      3. 作成した仮想ディレクトリを右クリックしプロパティを表示する
      4. [ディレクトリセキュリティ]タブを開く
      5.「認証とアクセス制御」欄の[編集]をクリックする
      6.「Windows統合認証」のチェックを外し、「匿名アクセス」を
         許可するにチェックを入れる
      7. [OK]をクリックする

    - 「管理」→「Web サービス拡張」から、「不明な CGI の実行を許可する」
        設定を有効にする

      1. スタートメニューから「管理ツール」を選択し、「インターネット
         インフォメーションサービス(IIS)マネージャ」を起動する
      2. 左側のツリーから「コンピュータ > Web サービス拡張」を開く
      3.「不明な CGI の実行を許可する」をクリックする
      4. [許可]をクリックする

 
【!】上記の内容をご確認いただきましても、現象が改善されない場合は、
      以下の設定をご確認ください。

    - 「アプリケーションプール」→ 「DefaultAppPool」から
       Network Service を Local System に変更する

      1. スタートメニューから「管理ツール」を選択し、「インターネット
         インフォメーションサービス(IIS)マネージャ」を起動する
      2. 左側のツリーから「コンピュータ > アプリケーションプール」を開く
      3.「DefaultAppPool」を右クリックしプロパティを表示する
      4. [識別]タブを開く
      5. プルダウンメニューから Local System を選択する
      6. [OK]をクリックする

【 参考 】

次のページでも同様の現象について、案内しております。

▼「Webページがみつかりませんでした」や「Webページが表示されません」と表示される
http://manual.cybozu.co.jp/tech/support/trouble/access_02.html
アクセスできない
[閲覧] 
「エラー番号:1」が発生します。 【要因】

 ○「Office 8」をインストールしているサーバーマシンの空き容量が不足している

 ○「Office 8」で利用しているデータベースファイルが破損している


【対処】

 ○ 不要なデータを削除し、データベースの最適化を実行することで、
    空き容量を確保する

   【!】削除したデータを復旧することはできません。
         データを削除する前に、バックアップをお取りください。

         ▼ FAQ:利用しているデータのバックアップは必要ですか
         http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=8


    ※「ファイル管理」「掲示板」「社内メール」「ロギング」などのデータは、
       システム設定から一括削除できます。

       ▼ ファイルを一括削除する
     http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/file/delete_all.html
       ▼ 掲示板を一括削除する
      http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/bulletin/delete_multi.html
       ▼ 社内メールを一括削除する
     http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/message/delete.html
       ▼ ログを一括削除する
     http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/management/log.html#03

    ※「Office 8」上から不要なデータを削除後、データベースの最適化を
       実行することで、データベースファイルのサイズを縮小することができます。

       ▼ データベースを最適化する(自動)
       http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/management/schedservice.html#02
       ▼ データベースを最適化する(手動)
       http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/other/maintenance.html#03

 ○ 破損チェックコマンドを実行し、「Office 8」のデータベースが
    破損しているか確認する

    ▼ FAQ:データベースの破損チェック方法を教えてください(Windows 版)
    http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=5
    ▼ FAQ:データベースの破損チェック方法を教えてください(Linux 版)
    http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=226
アクセスできない
[閲覧] 
「エラー番号:501 / 502」が発生します。 【要因】

 ○ Webブラウザーやプロキシサーバーのキャッシュの影響

 ○ アクセス権に問題がある

 ○「Office 8」をインストールしているサーバーマシンの空き容量が不足している

 ○「Office 8」で利用しているデータベースファイルが破損している


【対処】

 ○ Webブラウザーやプロキシサーバーのキャッシュを初期化する

    1. プロキシサーバーを経由しない設定に変更する
 
    2. Webブラウザーの Cookie / キャッシュを初期化する

       ※ Web ブラウザーの Cookie / キャッシュの削除方法につきましては、
          以下のページで案内しております。ご参照ください。

       ※ 次の作業により、すべての Cookie /キャッシュファイルが
          削除されます。予め、ご留意ください。
 
          ▼ Cookie やキャッシュ情報が残っている場合
          http://manual.cybozu.co.jp/tech/support/trouble/access_04.html#trouble01

 ○「Office 8」のインストールディレクトリ以下のすべてのファイルとフォルダに
    対してアクセス権を設定する

  (インストールディレクトリ)/cb5/data/
  (インストールディレクトリ)/cb5/file/
 
     インストールディレクトリ例)・C:\Inetpub\scripts\cbag\
                                 ・/var/www/cgi-bin/cbag/

     ■□ 必要なアクセス権 □■

   ● Windows OS の場合

     ・ アクセス権:Everyone - フルコントロール

        ※ 該当の ファイル/ディレクトリ を右クリック→プロパティ画面の
          「セキュリティ」タブから確認できます。

     ・ ファイル属性:(読取専用になっている場合はチェックを外す)

        ※ 該当の ファイル/ディレクトリ を右クリック→プロパティ画面の
          「全般」タブから確認できます。

     ・「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示
        されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」
        にチェックを入れる

     ● Linux OS の場合

     ・ permission : Apache の実行ユーザに対し、読み・書き可能
                     ag.cgi に対して      7xx [ -rwx〜 ]
                     ディレクトリに対して 7xx [ drwx〜 ]
                     ファイルに対して     6xx [ -rw-〜 ]

        ※ 御社のセキュリティポリシーにあわせ、755 / 705 や
           644 / 604 等に設定してください。
    
        ※ Apache の実行ユーザは httpd.conf をご確認ください。

 ○ 不要なデータを削除し、データベースの最適化を実行することで、
    空き容量を確保する

   【!】削除したデータを復旧することはできません。
         データを削除する前に、バックアップをお取りください。

         ▼ FAQ:利用しているデータのバックアップは必要ですか
         http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=8

    ※「ファイル管理」「掲示板」「社内メール」「ロギング」などのデータは、
       システム設定から一括削除できます。

       ▼ ファイルを一括削除する
     http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/file/delete_all.html
       ▼ 掲示板を一括削除する
      http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/bulletin/delete_multi.html
       ▼ 社内メールを一括削除する
     http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/message/delete.html
       ▼ ログを一括削除する
     http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/management/log.html#03

    ※「Office 8」上から不要なデータを削除後、データベースの最適化を
       実行することで、データベースファイルのサイズを縮小することができます。

       ▼ データベースを最適化する(自動)
       http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/management/schedservice.html#02
       ▼ データベースを最適化する(手動)
       http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/other/maintenance.html#03

 ○ 破損チェックコマンドを実行し、「Office 8」のデータベースが
    破損しているか確認する

    ▼ FAQ:データベースの破損チェック方法を教えてください(Windows 版)
    http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=5
    ▼ FAQ:データベースの破損チェック方法を教えてください(Linux 版)
    http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=226
アクセスできない
[閲覧] 
アクセスすると「ページが見つかりません」と表示されます。
(WindowsXP Professional 側の設定が原因)
【要因】

 ・Windows ファイアウォールの影響
 ・Windows XP Professional フォルダのアクセス権の設定による影響

【対処】

 ・Windows ファイアウォールの影響

   Windows XP Service Pack 2 のセキュリティ強化機能により
   ファイアウォールの設定が有効になっているため、アクセスできない現象
   が発生することを確認しています。

   ファイアウォールを「無効」もしくは「HTTP のみ無効」にしてアクセス
   が可能となるか、確認してください。

   次のいずれかをお試しください。

   ○ ファイアウォールの設定を無効にすることで、アクセスを可能にする

      1.「コントロールパネル」から「セキュリティセンター」を開く
      2.「Windows ファイアウォール」をクリックする
      3.「全般」タブ にて、「無効」を選択する
      4.[ OK ]をクリックする

   ○ 製品への HTTP のアクセスを許可する( HTTP のみ無効)

      1.「コントロールパネル」から「セキュリティセンター」を開く
      2.「Windows ファイアウォール」をクリックする
      3.「詳細設定」タブの「ネットワーク接続の設定」にて、使用している
         接続を選択して、[設定...]をクリックする

      4.「サービス」タブ にて、「Web サーバー(HTTP)」 のチェックを有効にする

         ※ HTTPS の場合には、「セキュリティで保護された
           Web サーバー(HTTPS)」のチェックを有効にする

      5.[ OK ]をクリックする

 ・Windows XP Professional フォルダのアクセス権の設定による影響

   ○ 簡易ファイルの共有を使用する設定に変更する

      1. マイコンピュータを開く
      2.「ツール」→「フォルダオプション」を選択する
      3. [表示]タブを選択する
      4.「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」のチェックを外し、
         [OK]ボタンをクリックする

   ○ インストールディレクトリ以下のアクセス権を変更する

      1. インストールフォルダを右クリックしプロパティを表示する

         例) 標準インストールの場合
             → c:\inetpub\scripts
 
      2.「セキュリティタブ」を開き、[追加]を押す
      3. 選択するオブジェクト名の欄に Everyone と入力し[OK]を押す
      4. グループ名またはユーザー名から Everyone を選択する
      5. フルコントロールにチェックを入れる
      6. 画面右下の[詳細設定]をクリックする
      7.「アクセス許可」のタブを開く
      8. 一番したの「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを〜」に
         チェックを入れる
      9. [OK]をクリックする
アクセスできない
[閲覧] 
ファイルのダウンロード中に処理が止まってしまう場合があります。
(Windows XP + Internet Explorer 7 / 8 の問題)
【 現象 】
 
Windows XP と Internet Explorer 7 / 8 を利用しているマシンで、
「Office 8」からファイルをダウンロードできない場合があります。
 
※ [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [保存] を
  クリックした後に、ファイルがダウンロードされません。

【 要因 】

Windows XP + Internet Explorer 7 / 8 の不具合が影響している可能性があります。

【 対処 】

Microsoft の次のサイトに記載されている回避策か、更新プログラムを適用
してください。
  
 ▼ Microsoft サポートオンライン
 http://support.microsoft.com/kb/932823/ja
その他のエラー
[閲覧] 
データを登録しようとすると、「エラー番号:14011」が発生します。 【現象】

「Office 8」にデータを登録しようとすると、
「エラー番号:14011 送信されたデータが不正です。」が発生します。


【要因】

次の原因が考えられます。

 ○「Office リマインダー」を利用した場合の不具合
 ○ Webブラウザーの Cookie/キャッシュの影響
 ○ 複数の Webブラウザーや、複数のタブで「Office 8」にアクセスしている


【対処】

次の対処を行ってください。

 ○「Office リマインダー」を利用した場合の不具合

    以下の FAQ で対処方法を案内しております。
    ご覧ください。

    ▼ FAQ:データ登録/送信時に『エラー番号:14011』が発生します。
           (リマインダー利用時)
    http://cbdb.cybozu.co.jp/cgi-bin/db.cgi?page=DBRecord&did=887&rid=200

 ○ Webブラウザーの Cookie/キャッシュの影響

    現象が発生するマシンで、Cookie /キャッシュの初期化、
    Webブラウザーの再設定を行った後、Webブラウザーを再起動してください。

    ※ Webブラウザーの Cookie/キャッシュの削除方法と設定方法については、
       次のページで案内しております。ご参照ください。

    ※ 次の作業により、すべての Cookie/キャッシュファイルが
       削除されます。予め、ご留意ください。

    ▼ Cookie やキャッシュ情報が残っている場合
    http://manual.cybozu.co.jp/tech/support/trouble/access_04.html#trouble01

 ○ 複数の Webブラウザーや、複数のタブで「Office 8」にアクセスしている

   「Office 8」にアクセスしている複数の Webブラウザーやタブを閉じて、
   「Office 8」にアクセスし直してください。
トラブル
[閲覧] 
Webサーバーに IIS 7.0 / 7.5 を利用している場合、30MB 以上のファイルをアップロードできません。 【現象】

 Webサーバーに IIS 7.0 / 7.5 を利用している場合、
 30MB 以上のファイルを添付する際にエラーが発生します。

 <エラーメッセージ>

   ○ 予期せぬエラーが発生しました

   ○ HTTP エラー 404.13 Not Found
      要求フィルターモジュールが、要求コンテンツの構成された長さを
      超える要求を拒否するように構成されています。


【要因】

 IIS 7.0 / 7.5 のデフォルト設定では、30MB 以上のファイルを
 アップロードできないように制限がかかっています。


【対処】

 IIS マネージャから、IIS 7.0 / 7.5 の制限値を変更してください。

   ※ IIS 7.0 をご利用の場合は、事前に「Administration Pack」の
      インストールが必要です。

      ▼「Administration Pack」
      http://www.iis.net/download/AdministrationPack

      ※ 画面右下の「Download Administration Pack 1.0」欄の
        「Japanese」から、ご利用のサーバーマシンが
         32bit 版の場合は「x86」を、64bit 版の場合は「x64」を
         選択してください。

 << 手順 >>

    1.「スタート > 管理ツール > IIS マネージャ」を起動する
   2. 画面左側の「接続」ウィンドウにて、「Office 8」が利用している
       サイト(例:Default Web Site)を選択する
   3.「要求のフィルタリング」をダブルクリックする

       ※ Windows 7 の場合は、「要求フィルター」を
          ダブルクリックしてください。

   4. 画面右側の「操作」にある「機能設定の編集」をクリックする
   5.「許可されたコンテンツ最大長」に“100000000”と入力する

       ※ 入力に「“”」は含みません。
       ※“100000000”は約 100MB という意味です。
       ※ 最大“4,294,967,295(4GB)”まで可能です。

    6.「OK」をクリックする
    7. 30MB 以上のファイルを添付可能か確認する

Microsoft 社の関連ページは、以下にございます。

  ▼ IIS 7 で要求フィルターを構成する
  http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc754791(WS.10).aspx

IIS の詳細な仕様などに関しましては、製造元の Microsoft 社に
ご確認ください。
トラブル
[閲覧] 
共有フォルダへのリンクをクリックしても動作しなくなりました。 【現象】

 Windows の更新プログラム「KB2559049」適用後に、
 「Office 8」に登録した共有フォルダへのリンクを
 クリックすると、リンクが反応しない現象が発生します。


【要因】
 
 Windows の更新プログラム「KB2559049」の影響です。


【対処】

 現象が発生しているクライアントマシンにて、「Office 8」への
 アクセス URL を Internet Explorer の「信頼済みサイト」に
 登録してください。

 << 登録手順 >>

    1. Internet Explorer の [ツール] > [インターネットオプション]を開く

    2.[セキュリティ]タブを開く

    3.[信頼済みサイト]を選択する

    4.[サイト]ボタンをクリックする
 
    5. "この Web サイトをゾーンに追加する" に「Office 8」への
       アクセス URL の IP アドレスまたはドメインまでの
       部分を入力する

       ※ "□このゾーンのサイトにはすべてのサーバーの確認(https:) を
          必要とする" のチェックは外していただけますよう、お願い
          いたします。

       例) ・「Office 8」へのアクセス URL が以下の場合

              http://192.168.1.0/scripts/cbag/ag.exe?
                ↓
              http://192.168.1.0 を入力する

   6.[OK]をクリックする


なお、更新プログラムの詳細につきましては、WindowsOS の製造元である
Microsoft 社にご確認ください。
トラブル
[閲覧] 
「サイボウズ Office 8 ワークフロー」で小数点以下の自動計算が正しく行われません。 【原因】

「サイボウズ Office 8 ワークフロー」の仕様動作による影響

【要因】

「サイボウズ Office 8 ワークフロー」の浮動小数点計算では、
 小数の扱いは有理数ではなく IEEE floating point で行っています。

 そのため、小数点以下の数値を自動計算した際には、誤差が発生する
 可能性があります。

【対処】

 現在のところは、”該当の数値は、手動で計算を行う””フォームを修正する”
 といった運用面でカバーする方法のみ、ご案内できる状況です。
 何卒、ご容赦いただれば幸いです。

   ▼ 申請項目を設定する
   http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/workflow/form_item.html
トラブル
[閲覧] 
Webサーバーに IIS 7.X を利用している場合、ファイルを正常に
アップロード・ダウンロードできません。
【現象】

 Windows 7 / Windows Server 2008 をサーバーマシンとして利用している環境で、
 Webサーバー(IIS 7.x)を利用している場合、ファイル名に半角スペースや「+」を
 含むファイルを正常にアップロード/ダウンロードできない。

 < エラーメッセージ >

   「サーバーエラー:404 ファイルまたはディレクトリが見つかりません。」


【要因】

 Webサーバー(IIS 7.x)の仕様動作


【対処】

 Webサーバー(IIS 7.x)にて、二重のエスケープシーケンスを許可する
 設定を行うことで回避できるかお試しください。

 設定方法については、マイクロソフト社のページで案内しております。

 ※ 弊社のページではございません。ご留意ください。

    ▼ IIS 7.0 でホストされている Web サイトをアクセスすると、
      エラー メッセージ:"HTTP エラーの 404.11-URL_DOUBLE_ESCAPED"
   http://support.microsoft.com/kb/942076/
トラブル

先頭へ | << 前の20件へ | 次の20件へ >>

販売終了製品・サービスへ

  システム設定